体に不調を感じ始める40代に適した健康法を紹介します。

2047acf6bc06af3d30125672d40be3fd_m

2047acf6bc06af3d30125672d40be3fd_m

40代になると、からだのあちこちにガタが・・・

まわりの同年代を見ると、健康を気遣う話題もチラホラ。
腰痛を抱えているもの、胃腸が弱っているもの、肥満で悩んでいるもの。
上にあげたように、40代の大半が悩んでいるような体の問題を、
一度に解消できる健康法ってあったら、いいのになって思いません?
そんなわけで、ちょっとリサーチしてみて、
特に40代に効果がありそうな健康法を紹介しますね。
納豆健康法がかなりよさそうです。

理由その1:腰痛に効く

腰痛には、ネバネバしたものが効果があると言われています。

すぐに納豆があたまに浮かびましたが、オクラや、山芋なんかもそうでうす。
このネバネバ成分が、骨と骨との間の椎間板の構成成分と同じものなんです。
腰痛がすでに発生している人は、劇的な効果は期待できませんが、
予防や、じっくり時間をかけて改善していくには、このネバネバ成分が、かかせません。
ちなみにナットウに含まれるネバネバ成分は、「ナットウキナーゼ」と呼ばれていて、
血液をサラサラにする効果もあるので、脳梗塞や心筋梗塞の予防にもなります。
「ナットウキナーゼは効果なし」なんて、言われたりしましたが、
今は、学者が反論を出して、効果はやっぱりあるという説が有力です。
*上記リンク先のサイトが参考になると思います。

理由その2 胃腸を状態を良くする。

納豆菌は、強力な整腸作用があります。

腸内に1週間ほど滞在し、善玉菌を増やしてくれます。
また、腸内の有害な菌を抑える働きがありますので、
常によい腸内環境を維持できるようになります。

理由その3 ダイエット効果がある

納豆を食べると、基礎代謝がアップします。
つまり、脂肪が燃焼しやすい体になります。

運動することがどうしても少なくなる40代には、
食生活によって、脂肪が燃焼しやすい体に改造していくことは、
非常に理にかなっています。

満腹感があるのもいいですね。
少し食べるだけで、腹持ちがいいので、
食べすぎずにすみます。

納豆のちからで、3つとも解決しちゃいました。

お金もかからず、手軽だし、納豆健康法、いかがですか

 

主張

40代からでも始められるアウトドアスポーツ

7a5e66ac3a54afcd770247c8cd0d98ef_m

7a5e66ac3a54afcd770247c8cd0d98ef_m

社会人になって、ある程度、重要な仕事も任されるようになると、

スポーツってできなくなりますよね?

運動している人といっても、ほとんどが、自分のペースだけで実行できる
ジムとか水泳くらいじゃないですか?

僕も20代の中頃までは、社会人サッカーをやってましたけど、
気付けば、辞めて、20年近くになっています。

今、サッカーしたら、たぶん走れなくて、他のメンバーに迷惑かけるだけなんで、
とても無理です。

また、鍛え直すにも、正直ちょっと厳しいなと思います。
40代でも、楽しめるスポーツってないのでしょうか?

ゴルフや釣りのような個人で楽しむものではなくて、
できれば、団体競技で、チームメイト共に汗を流す、そんなスポーツを探しています。
そんなわけで、40代から始める団体競技。
探してみました。
結論・・・・ない

 

なかなか未経験で、40代から始められる団体競技はないですね。

よほど運動神経がよく、ずっと鍛えている人でないと厳しそうです。
団体競技ではないけれど、チーム戦などで盛り上がることを考えると、
ボウリングというのは、ひとつの選択肢かも。

40代で始めても、プロにまでなれるかもしれないスポーツって、
そうそうないですよね。

体力もいらないし、練習も一人でできる。
どうですか?ボウリング?

まあ、僕はゴルフしますけど(笑)

主張

40代必見、人生を変える1冊

apple-256261_1280

apple-256261_1280

突然ですが、これまでに、人生を変えてしまうような本に出会ったことがありますか?
たまに、書店のキャッチコピーなんかでありますよね?

「この夏、人生を変える1冊に出会った・・・」

うーん、あるある。

僕は、本が好きです。

ビジネス書、ミステリー小説、推理小説、歴史小説、漫画・・・

映画やアニメも好きですが、自分のペースで読める本の方が、より好きなようです。
その好きな本の中で、読後に人生感が変わった―!という本が、たしかにあります。

それを紹介しますね。

「永遠の0」

imgres

売れすぎてしまったんで、知っている人も多いですが、

第一次世界大戦時の軍人さん達や、その廻りの人たちの苦悩を
題材にした百田尚樹さんの、ベストセラー小説です。

中には、この作品の事を「戦争賛美」だと、
中傷している方もいると聞きましたが、本当に読んだのかなと疑ってしまいます。

その後、映画も見ましたし、私は、関西在住ですが、
東京まで行って靖国神社に参拝してきました。

今まで、靖国神社というと、首相が参拝しようとすると、
中国や韓国が文句を言ってくるという神社くらいにしか、
思っていませんでした。

しかし、実際、参拝し、併設している資料館を
じっくり見ると、日本人なら、死ぬまでに一度は訪れるべきところだと
考えるように、大きく印象が変わりました。

子供が大きくなったら、一緒に訪れて、どうして今の日本があるかを
話してやりたいと思います。

まさに、「永遠の0」は、僕の人生を変えた一冊と言えます。

主張